この記事をシェアする

風俗業の面接で聞かれること

風俗業は究極の接客業

風俗業の特徴を一言で言えば、一対一の究極の接客業、歴史上長続きしている職業の一つと言うことです。
つまり商品は自分自身です。自分自身のキャラクターや肉体を使って、お客が支払う金額に見合うサービスを提供しなくてはいけません。
風俗業といっても、一緒にカラオケをデュエットするものから、肉体関係を持つものまで、様々なスタイルがあります。接待系風俗でも、キャバクラならば料金は時間制でアルコール等の料金込み、クラブ・ラウンジならばボトルキープが基本で料金は時間制という訳ではありません。つまり提供するサービスによって、向き不向きは変わってきます。
キャバ嬢は容姿が良くないと採用されないものなのか、結論は容姿が良いに超したことがないという程度のことです。
風俗の採用担当者は経験から風俗に向いているか、自店に合っているかを見抜くことができます。その意味で、一般的な仕事の際の面接と変わることはありません。

風俗業に向いている人の特徴

一般的な風俗業に求められるものは、コミュニケーション能力が高く話のうまいこと・人好きのする明るく活発なこと・話題が豊富なこと・やる気があることなどです。他の業種や業界と比べて特別なことはありません。
強いていえば一対一の接客業ですから、ストレスに対するセルフコントロールがとても大切になります。
あまりにも真面目すぎてもいけません。かといってテキトー過ぎるのも問題です。手抜きではなく息抜きのコツを身に付けることが必要です。いい意味で割り切れる・適当に気分屋であえて空気を読まない・気を遣う時と使わなくても良いときを上手く切り替えることができることが必要です。
なにより風俗の仕事では、ある程度自分のプライドを捨てることが必要です。プライドが高い人は一般的に接客業・サービス業には向いていません。
店から離れても友人知人に対して身バレ対策がキチンととれる人、金銭感覚がしっかりしていることも必要です。