この記事をシェアする

面接に落ちても悩むことはありません

面接で落とされる人の特徴

風俗関係に身を置く面接担当者は、面接者とすればその人が風俗業に向いているか向いてないかを見抜くことができます。
面接で落とされる一つの理由として、お店のコンセプトやカラーと面接に来た女性のキャラクターが合っていないことがあげられます。これは女性が商品であるからです。この場合、クヨクヨ悩むことはありません。この店がダメでも、別の店で面接をパスする可能性がありますから。
高望みしすぎている、それに気づいていない場合です。高級店をあえてではなく中級店に採用してもらい、人数をこなすことで、結果として高級店に在籍するよりも稼げることも忘れてはいけません。
基本的ができていない・時間を守らない・敬語が使えない・無愛想・上から目線などが採用されないのは、どこの世界でも同じことです。
一番いけないのは、挙動不審のウソです。借金やDV・子供のことなど隠さなくてもよいのに、ウソをついて隠してしまうことです。

採用や辞めるときの注意

風俗店に採用の際も、他の業界に採用の時と同様、偽名やウソをつかないことです。採用の際には本人確認・年齢確認をします。今の普通の風俗業界はクリーンです。風俗店側も採用者に身分証を提出してもらい、個人情報としてきちんと保管する義務があります。
また逆に身分証不要の風俗店は、警察に目を付けられている・つぶれてドロンしそう・トラブル多発・辞めたくとも辞めさせないなどの問題を抱えていると思ってください。
応募の際に注意することとして、怪しいネット情報や悪徳スカウトには充分注意してください。
また今の風俗店を辞めたくなったら、お店に正直に話してください。シフトチェンジや出勤日の限定、今の店に在籍したまま、新しい風俗店との掛け持ち、短期間での出戻りなど、意外に融通の利くのがこの業界の特徴でもあります。